4/24 安竹許由の
きれいな血液をつくる栄養学ワークショップ

募集中

開催日 2022年4月24日カテゴリー: , ,

きれいな血液をつくる栄養学ワークショップ

自分自身の愛と命の循環を覗く
LBAと分子栄養学から食べ物といのちの関連を考える。

ワークショップ形式で、学びと発見、そしていまここの自分自身の身体と向き合う時間をともに楽しみましょう。

※全員の方の血液を見ることができます。

LBAについて
健康検診などで出てくる血液検査データ。数字で血圧やコレステロールが高いと言われたりしますが、実際に自分自身の血液が、血管の中をどのように流れているのかを見ることは、あまりないように思います。

血液が手先足先でどのように流れているのかを見て、冷えの原因や、体のトラブルを予防するための、栄養チェックをしませんか。

嗜好、遺伝などを踏まえて、食べ物の偏りや、代謝システムに必要な栄養素の過不足を、血液を見ながらお伝えします。
必要な栄養素を取り入れ、体に満たされた時、体がどのように変化するかを感じていただきたいと思います。

自分自身の生きたままの血液細胞を見る。
体の中で、白血球がバクテリアなどと戦っている健気な姿を見ると、自分自身を大切にする気持ちが湧いてくることと思います。

暗視野顕微鏡による血液細胞像(LBA:Live Blood cell Analysis )
  • 顕微鏡で生きたままの血液を見る事により、一つ一つの細胞から、私達の体の中で起こる律動的な生命の営みを知ることが出来る。
  • そこから得られる貴重な情報は自己の健康意識を高めることができる。
  • 分子栄養学的観点から、私達の体が細胞レベルでどのような働きをしているかを知る。
  • ※血液細胞分析は、一切の病気の診断をするためのものではありません。

  安竹 許由 (ヤスタケ モトヨシ)

父の病を期に、2歳よりマクロビオティック(玄米菜食)で育つ。そんな家庭環境から自然と食品に興味をいだき、農学部で食品科学を専攻。専門は食品工学。

卒業後は自然食品を扱う、株式会社玄気に入社。社会で必要なものを学びたい意識が高まり、食から体へと探究心が進み、東洋&西洋医学を学ぶため針灸師に。
又、米国の新しい栄養学「分子栄養学」を学び、博士課程を修める。

現在はナチュラルケア鍼灸院院長として、子供から成人、プロアスリートにも食事指導及び施術を行う。

ベジカフェロータスを立ち上げ、マクロビオティック(玄米菜食)をベースとした100%ヴィーガンカフェを展開。菜食を通じて心と体の健康を提案するとともに、地球環境の保護と平和に静かな情熱を燃やす。
 
日 時
2022年 4月24日(日) 午前10時30分〜13時00分
料 金
5,500円 税込
定 員
10名
会 場
シャスタ
【注 記】LBAワークショップご参加される方は、チェックの4時間前までに食事を終わらせてください。(食事の内容が反映されます)

お申込みは下記フォームからお願いいたします。
お申し込み方法・キャンセル規定等についてはこちらをご覧ください
お申し込みの際にはキャンセル規定を必ずご確認の上お申し込みください