6/7 惑星と内的家族が映し出す、愛のかたち(愛の予備校 研究室)

募集中

by しまいゆみこ・小泉マーリ
開催日 2022年6月7日 - 2022年6月21日カテゴリー: , , ,

2021年にスタートした 小泉マーリとしまいゆみこの「愛の予備校」では
横浜での2日間の集中クラス、オンラインでの6回クラスを通し
「愛についての赤本を作る!」を実践してきました。

みんなひとりひとり、個性的で、誰とも同じではない、「愛のかたち」を発見することで、「だから自分はそうなのか!」「だから相手はそうなのか!」と納得し、どんな時、どんな距離感の愛が心地よいのか、バランスを崩したときはどんな風に相手や自分を扱ってあげることが、関係性を良好に保つことができるのか?など、具体的で、かつ、日常での活用につながる発見もたくさんありました。

そして同時に、
このテーマは、一朝一夕に学んだり、知っていれば大丈夫、というものではなく
実際の「愛の現場」で、実践できるところまで落とし込むことが大事であることも、あらためて実感しました。

わたしたちナビゲーター自身の学びや、参加された皆さんからのフィードバック、シェアリングを通して学んできたこの期間は、とても意義深く、その学びや体験ををもとに、さらに進化した「探求クラス」を発足させることになりました。

愛やつながりというテーマの土台はやはり
自分自身を深くつながっていくことが土台です。

むしろ、愛やつながりの現場は、魂がもっとも成長する学びの場であるともいえるでしょう。

自分とのつながりを大切にしながら、相手ともつながってゆく、自分に本物でありながら
相手のことも尊重できる、そんな愛を探求し、継続的にコミットメントしてみたい
そんな方のためにスタートする、新しい企画です。

題して「惑星と内的家族を通して探求する わたしの愛のかたち」

愛のまつわるあらゆる場面では、わたしたちはとても傷つきやすく、また、心が試されるかのように揺れ動きます。大好きな相手のはずなのに、素直になれなかったり、大事にしたいと想っているのに、それが相手に伝わらなかったり、逆に、安心感を持って接することができなくて、心をオープンにできなかったりします。

時に、自分でも扱いきれないような感情や、ふるまいをしてしまったり、相手に対して心を開きたいのに、気を使って、自由に振る舞うことができなかったり、ぎくしゃくしてしまって、むしろ一緒にいると苦しくなってしまう・・そんなことすら起こり得ます。

人間関係の過去の傷もまた影響を与えます。過去の痛みや傷ついた経験から、わたしたちは防衛的な反応をとってしまったり、冷静さや客観性を失ってしまうこともあるでしょう。「もう傷つきたくない」という反射的な反応が起こるのです。

愛の現場は、キラキラとしたかけがえのない時間であると同時に、矛盾や困難さを孕んだ、試練の場にすらなり得ます。だからこそ、わたしたちは愛を通して成長させられ、目覚めていくのです。

そんなとき、自分自身のなかに、で現れてくる資質を理解し、扱い方を知っておくことが何より大事です。

わたしたちのなかには多様で多面な資質が同時存在しています。

これまでの予備校のクラスでもこの、「自分のなかの多面な質の統合」が大事であることがわかってきました。

今回はその、「自分のなかの多面な質は、言い換えれば 自分宇宙のなかに住む、インナーファミリー」といえるでしょう。その内なる宇宙を自己探求し、自己共感を通して、旅しながら統合していくことを意図した、ワークです。

占星術を学んでいる人にとっては、自分自身や大切な人々の、ネイタルチャートから、それぞれの惑星の資質を理解する助けになると同時に、その惑星サインやハウスが求めているニーズへと目を向け、丁寧に共感していくとはどういうことなのか?
また「共感」や「NVC」を学んでいる方にとっても、隠れているインナーパーツを星に映し出すことで、 隠れているインナーパーツを発見し、対話していく機会ともなる有意義なワークとなるようにデザインされています。


定期的に、自分自身の内側の声を聞き、自己統合と愛の学びを深めて参りましょう。

愛に関する共感サークルのようなイメージです。

みなさまとともに、愛の進化に向かうプロセスを分かち合うことを 楽しみにしています。

しまいゆみこより


ホロスコープ・チャートに描かれている星たちは、私たちの内側にいるさまざまな人格…内なる家族を象徴しています。

この家族がみんな仲良く、お互いに協力的でいるとき、私たちは力が満ちてくるのを感じて、「いろんなことにチャレンジしてみよう」、「何が起きても乗り越えていこう」と思えるでしょう。

そしてこの内的家族が不調和であるなら自信がなくなったり、どうしていいかわからなくなったり、したいことがあっても動けなかったりするかもしれません。

現実の家族にいろいろなメンバーがいるように、私たちのインナーファミリーにもさまざまな個性があり、ニーズがあります。それがどんなものであるのか、知っていますか?

惑星たち、ひとつずつの個性とニーズを理解して、全員が仲良くするように働きかけることが、内なる家族の調和につながります。

占星術の星座はそのヒントをおしえてくれますが、その奥にある本当のニーズは、ひとりひとり異なるでしょう。

それを自分でしっかりとつかむために、自分の心と向き合って、対話しながら、共感を深めていくワークショップです。

木星が牡羊座に入った2022年、新しい扉を開いていくコツは「本当のニーズに気づいていること」にあるでしょう。そうでなければ衝動のまま、本当に求めているものを知らずにさまようことになりかねません。

しっかりと自分自身とのつながりを充填して、それから世界へと飛び出していきたい時期に、ぜひ、自己共感する時間を作りにいらしてください!

ホロスコープ・チャートに描かれている星たちは、私たちの内側にいるさまざまな人格…内なる家族を象徴しています。

この家族がみんな仲良く、お互いに協力的でいるとき、私たちは力が満ちてくるのを感じて、いろんなことにチャレンジしてみよう、何が起きても乗り越えていこうと思えるでしょう。

不調和であるなら自信がなくなったり、どうしていいかわからなくなったり、したいことがあっても動けなかったりするかもしれません。

現実の家族にいろいろなメンバーがいるように、私たちのインナーファミリーにもさまざまな個性があり、ニーズがあります。それがどんなものであるのか、知っていますか?

惑星たち、ひとつずつの個性とニーズを理解して、全員が仲良くするように働きかけることが、内なる家族の調和につながります。

占星術の星座はそのヒントをおしえてくれますが、その奥にある本当のニーズは、ひとりひとり異なるでしょう。

それを自分でしっかりとつかむために、自分の心と向き合って、対話しながら、共感を深めていくワークショップです。

木星が牡羊座に入った2022年、新しい扉を開いていくコツは「本当のニーズに気づいていること」にあるでしょう。そうでなければ衝動のまま、本当に求めているものを知らずにさまようことになりかねません。

しっかりと自分自身とのつながりを充填して、それから世界へと飛び出していきたい時期に、ぜひ、自己共感する時間を作りにいらしてください


第1回 6月 7日「わたしの愛のかたち〜月の探求」 
第2回 6月21日「わたしの愛にかたち〜太陽の探求」 
第3回 7月 5日「わたしの愛のかたち〜土星の探求」

日 時
2022年  6月 7日・21日
      7月 5日

各回:10時から13時ごろ
【注記】
※1回目オンライン、2回目録画参加等、組み合わせも可能です。
※都合やテーマによって1回だけのご参加もできます。
料 金
各回共
 オンライン参加:7,700円(税込)
 録画参加:3,800円(税込)
※ホロスコープチャート:愛の赤本を作成できる、充実の科目別資料をデータで差し上げます。

注:クレジットカード払いはシステム利用料として4%加算されます。
定 員
各回:6名様

お申込みは下記フォームからお願いいたします。
お申し込み方法・キャンセル規定等についてはこちらをご覧ください
お申し込みの際にはキャンセル規定を必ずご確認の上お申し込みください